群馬県の建設業許可専門行政書士のブログ

群馬県高崎市の行政書士です。 建設業許可を取ることが得意なので、特に新規でこれから許可を取りたい方向けに情報提供しています。

【法改正】建設業許可が取りやすくなる!?

f:id:gyouseishoshikyuujin:20180427164130j:plain

 

ニュース 2019/03/18 政府/建設業法・入契法改正案閣議決定/「工期」の概念導入、許可要件初めて見直し

 

法改正で建設業許可の要件が緩くなりそうです。

 

具体的には、『経営業務の管理責任者』の要件になっていた『建設業の経営経験5年』を廃止するということです。

 

前から議論されてはいましたが、いよいよかという感じです。

 

今までは、資格や実務経験があっても、この『経営経験5年』がネックになって許可を断念する、もしくは外部から経験のある人を連れてきて許可を取るというケースが多くありました。

 

なので、今回の法改正で許可が取りやすくなることを期待しています。

今まで5年経つのを待っていた業者さんが、建設業許可を取ろう!となるのではないでしょうか。

 

ただし、そうなると今度は質の問題です。

 

今まではこの『経営経験5年』の縛りがあるお陰で、独立したばかりの方は許可を取ることが難しい状態でした。なので、許可を持っているということは、最低でも5年以上の実績がある業者として見ることが一応できたわけです。

 

一応と強調したのは、今までまったく建設業をやってこなかった異業種の業者でも、建設業の経営経験のある人を役員にすれば許可が取れるためです。

たとえば、ずっと飲食店しかやってこなかった会社でも、建設会社の社長や一人親方だった人を役員登記して他の要件も満たせば建設業許可が取れてしまうのです。

 

なので、『経営経験5年』という縛りが許可業者の質を確保しているかと言われると何とも言えませんが、許可を取りたいという業者さんにとって一つの大きなハードルになっていたことは事実です。

 

法改正後、どのように変わるか具体的なことは今のところ分かりませんが、今後も注目していきます。

 

f:id:gyouseishoshikyuujin:20180427164130j:plain